未来というのは変えられるものだろう?

こんにちは。

 

まもなく脱皮の時期を迎えそうな

翼です。

 

さて、今日もBLEACHです(笑)

読めば読むほど学べます。

 

今回の舞台はこちら

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

72巻

石田とハッシュヴァルトが対峙するシーン

 

自身の母が亡くなった時の出来事を思い出し、

思い悩んだ顔をしている石田。

 

そこに現れたハッシュヴァルト。

 

「未来が視えるというのは思い悩む事ばかりだ」

 

そう、語るハッシュヴァルトに対し、

自分が裏切る姿でも見たのかと問う石田。

 

裏切者ではないなら証明してみせろと襲い掛かるハッシュヴァルト。

 

そこへ、一護一行が現れる。

 

一度は一護達を現世に返そうとする石田であったが、

今ならユーハバッハに全知全能の力はないと気付き、

一護達をユーハバッハの元へ向かわせる。

 

そして石田はハッシュヴァルトと対峙する。

 

「未来というのは変えられるものだろう?」

 

一護達が死ぬ未来が視えているという

ハッシュヴァルトに石田は言う。

 

それに対し

 

「・・・驚いたな

 石田雨竜

 先程迄とは別人の様だ

 今のお前は随分と希望に満ちた顔をしているぞ」

 

と返すハッシュヴァルト。

 

「それを見て驚いたという事は

 その希望に満ちた僕は”視えていなかった”わけだ」

そして2人の戦いが始まる。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

と、いうシーンから今回は未来について考えます。

 

このシーンでは、石田は2つの未来を見ていました。

 

1つ目の未来は

「ユーハバッハを倒せない未来」

 

この未来は思い悩んだ顔をしているとハッシュヴァルトから

言われるように石田が本来望んだ未来ではありません。

 

しかし、実際にユーハバッハの全知全能の力を知るにつれ

倒す事はできないという未来をイメージしてしまったのです。

そういう未来を思い描く時は大体エネルギーが下がっています。

そしてどんどん頭の中で勝てない理由を探し始めるのです。

 

「あんな強そうな和尚でさえもユーハバッハを倒せなかった」

「霊王まで取り込んでしまった」

 

過去の良くない記憶からそういう理由を勝手に探して

そこ(ユーハバッハに勝てない未来)へ向かっていくのです。

 

そんなところに現れたのは一護達でした。

 

同時に今はユーハバッハに全知全能の力はない事に気付きます。

 

「ユーハバッハには全知全能の力はない=黒崎なら奴を倒せる」

 

石田の中ですぐにさっきまでとは違う未来が見えました。

そしてエネルギーも回復した顔をしています(笑)

 

一護という存在と倒せるという事を知ったから

勝てる未来を思い浮かべたわけです。

あとはそこへ向かって進むだけ。

 

つまり自分はハッシュヴァルトを倒すだけ。

 

 

「あなたには望む未来はありますか?」

 

あってもなくても大丈夫です(笑)

それが良い悪いの話ではありません。

 

今はまだないのであればこの話を心のどこかに留めて

いつかそういう日が来た時に役立てて下さい。

 

では、望む未来(目標)がある方。

それが揺らいだ時ってありますか?

 

たぶん誰でもあると思います。

「そっか、良かった。安心」

って話でもありません。

 

なぜそうなるのかっていう話です。

 

それはエネルギーが下がるからです。

エネルギーが高い状態の時はそこに向かって頑張れるものです。

しかし、いい流れに乗れそうな時に

エネルギーを下げるような出来事が起きたりするのです。

 

大事なのはここです!

 

エネルギーが下がった時、

「やっぱり無理だよね・・・」

って思わないで下さい。

 

エネルギーが下がった時の

あなたはあなたではありません。

(えっ?)

 

そして再びエネルギーを高めればいいんです。

一瞬、迷ったってそこからまた元の道に戻ればいいんです。

 

それが出来たらまた成長できるんです。

 

エネルギーの状態によって人は思い描く

未来が変わってしまいます。

 

エネルギーが低ければ自分の中でできない理由を

無意識に探し始め、エネルギーがさらに下がって

って感じで負のスパイラルに陥ります。

 

エネルギーが高ければ自分が望む未来に対して

何の疑問も抱かずに突き進んで

どんどん成長していきます。

 

きっと色々な物事に対して未来を考える事ってあると思います。

時には良くない事を考えてしまう事もあると思います。

ただ、それをそのまま放っておくとそこに向かって進んでしまいます。

 

そんな時は

「今の自分は自分じゃない!」

って思って立ち止まってみましょう。

 

そしてエネルギーを回復させて

もう一度未来を思い描いてみましょう。

 

石田雨竜の様に。

(石田はそんな台詞言ってませんけどね 笑)

 

大丈夫。

辛くても焦らない。

望む未来があるなら手放さない。

乗り越えたらそこにまた一歩近づいていけるんだから。

 

ありがとうございました。