senzaishin’s diary

自分が携わる人の長所が言えますか?

こんにちは、翼です。

 

 

この1ヶ月くらいの間、いかがお過ごしでしたか?

 

僕は内外ともに大きく変化が始まった、

 

という感じです。

 

 

ちょうどさっき買ってきた本を読んで感じた事があったので、

 

今回はそれについて書いてみようと思います。

 

「D.カーネギーの名言集」

 

という本です。

 

ざっくり説明するとカーネギーという方が世の中の

 

様々な名言を集めたものを本にした感じです。

 

検索すると出て来ると思うので、

 

興味を持った方は本屋さんなんかで手にとってみるのも

 

いいかもしれませんね。

 

 

ちなみに

 

「興味がある方はこのURLから・・・」

 

って話はしないので、ご安心(?)を(笑)

 

 

 

で、

 

話を本の中身に戻しますね。

 

ーここからーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分の長所、欲求を忘れて、他人の長所を考えようではないか。

 

そうすれば、お世辞などはまったく無用になる。

 

嘘でない心からの賞賛を与えよう。

 

”心から賛成し、惜しみなく賛辞を与え”よう。

 

相手は、それを、心の奥にしまい込んで、

 

終生忘れないだろうーーー

 

与えた本人が忘れても、受けた相手は、

 

いつまでも忘れないで慈しむだろう。

 

            デール・カーネギー『D.カーネギー名言集(創元社)より』

ーここまでーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

あなたの周りの人の長所を言えますか?

 

家族、友人、恋人、職場の人・・・

 

自分が携わる人の長所が言えますか?

 

と、

 

自分に問いかけてみた時に

 

うまく言葉にできませんでした。

 

それって自分の周りの人の事を見えているようで

 

見えていないんじゃないかな

 

って思いました。

 

 

そして、

 

それがちゃんと見えるようになったら、

 

「じゃあその長所が輝く為にはどうすればいいのだろうか」

 

という新たな視点も生まれて来ると思います。

 

 

本当にさっき初めてこの言葉に触れて気付いた事です。

 

だから

 

「そういう事をやっていくとこんな変化が起きます」

 

って話もできません(笑)

 

今日から、これからやっていきます。

 

でも、純粋にやってみたいな、

 

って思える事なので、楽しんでやってみます。

 

 

「答えはすべて自分の中にある」

 

って思っていました。

 

でも、

 

「答えはすべて自分の中にない」

 

そうです。

 

問いに対する答えは外から返って来るのです。

 

もしかしたら、

 

「なんか人間関係がうまくいかないんだよなぁ」

 

って思っていた時にこの話を聞いて、

 

「そっか、なんか皆を枠に当てはめこもうとしていたけど、

 

一人一人長所も違うし、それを活かしてあげた方がうまくいくんじゃないか」

 

って気付きに繋がるかもしれません。

 

 

僕自身もこれから時間がある時に名言集を読んでみて、

 

感じた事、やってみた事があったらお話していきますね。

 

 

「答えは1つじゃない」

 

最近、よく感じます。

 

そう思うだけで色々と楽になりますね。

 

 

では、最後までお読みいただき、ありがとうございました。