senzaishin’s diary

あなたの全盛期はいつですか?

こんにちは。

 

紅茶風呂により日焼けのヒリヒリが和らいだ

翼です。

また3年くらい日焼けしなくていいです(笑)

 

さて、今日はまたBLEACHを読んでいて気付いた事、

考えた事をお話していきます。

 

舞台は

 

涅マユリ 対 ペルニダ・パルンカジャス

 

です。

 

個人的にはマユリの戦いってカッコいい攻撃が出るとかじゃないので

特別好きってわけじゃありませんでした

(マユリファンの皆さん、ごめんなさい)

 

結構難しい事言ってるからサラッと理解できないと

「ん?」って感じで読んでいました(笑)

 

でもジャンプで読んでいた頃と違った視点で読めるように

なった現在では、そこから学べるものは多くあると気付きました。

 

今回の戦いでは、最終的にマユリというよりも

ネムとの関係性から改めて進化と完璧というものを学ぶ事が

できます。

 

あなたの全盛期はいつですか?

 

学生時代、20代前半、30前後の経験を積んだ時期、管理職の頃・・・

それは既に過ぎ去った時代でしょうか。

それともこれからやってくる未来にあるのでしょうか。

 

ちなみにぼくは「今日」です。

そして明日のぼくは「今日(明日)」と言うでしょう。

それは日々、自分が成長し、今日が1番充実していると感じているからです。

 

恐らくその成長がぼくを「完璧な状態」へ導く事はないと思います。

完璧な状態を迎えた時、その先に成長はないという事になりますよね。

マユリはかつてそれを「絶望」と表現していました。

 

ぼく達の成長も同じ事が言えると思います。

 

自分の成長はあの時だったと思ったら

それ以上の成長している自分の未来を思い描く事ができないのです。

意識していなくても既にそういう未来の自分に向かって

歩み始めてしまっているのです。

 

ぼく達の暮らしも完璧を迎える事はありえません。

日々、様々なジャンルの人達がより良いものを求めて

試行錯誤を繰り返し、新しい技術を生み出していっています。

 

10年後、20年後は全く違った世界に住んでいる様な

感覚を味わっているんでしょうね。

それはケータイで既に体験していますよね。

ガラケーからスマホの時代へ。

 

それは常にぼく達が成長を望み、そのための努力をしてきた結果だからです。

 

決して満足する事なく、世代が変わっても、

志を引き継いで次の世代が実現させてきました。

 

ただ、あなたの人生はあなたにしか成長させる事ができません。

人の助け、縁が成長を手助けしてくれる事も多くあります。

しかし、そういったものを得られるのも自分の行動からくるのです。

 

もし、今「あの時は楽しかったなぁ・・・」って気持ちがあるので

あれば、そういう考え方は一旦わきに置いておいて、

「毎日が全盛期を更新し続ける」という考え方を採用してみましょう。

 

とりあえず採用してみるだけでいいです。

気に入らなかったらまた別の考え方を採用したっていいです。

今までと違った考え方を採用してみた結果、

自分が望む未来を手にする事ができるようになったらラッキーじゃありません?

 

良いとか悪いとかでは判断せず、

とりあえず採用してみる。

良し悪しなんて裏表の関係だから気にしても仕方ないです。

 

毎日が成長してはいけない、なんて決まりはないし、

成長して、毎日が楽しいって思えたら幸せじゃないですか(笑)

 

自分も世界も成長を止める日は来ないんです。

だったら毎日成長して、毎日楽しく生きる方が

ぼくはいいと思っています。

 

いくつになったって、どんな事が起きたって

歩みを止める必要はないし、

成長して楽しむ権利を失ってはいけない。

 

そしていつかその成長を誰かの為に使ってあげればいい。

 

そうやって皆がお互いに成長の手助けをし合っていけたら、

もっと笑顔が溢れた世界に変わると思います。

 

あの涅マユリの話からまさか皆の成長や

笑顔の溢れた世界を望む話になるなんて

意外でしたよね(笑)

 

ぼくもそんなつもりじゃありませんでした(笑)

でも世界が繋がるってそんな感覚なんだと思います。

 

日常の何気ない一コマ、漫画やドラマの台詞・・・

そんなところから繋がって、気付き、学べるんです。

それだけで十分楽しいです(笑)

 

一角と弓親が涅隊長に礼を言うシーン、良かったですね(ブルッ

 

ありがとうございました。