senzaishin’s diary

魂の根源から呼び起こす

こんにちは、翼です。

 

 

日々葛藤ですね(苦笑)

その答えは自分の中にある。

 

そしてそれを引き出せるのは自分だけ。

 

結局、自分と向き合っていくしかないってやつですね。

 

そう思っていたら、

思い起こされたのがBLEACHのこのシーン。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

舞台は58巻。

 

尸魂界を蹂躙するユーハバッハ。

そこへついに一護が現れる。

 

仲間を傷つけられた一護は怒り、

ユーハバッハに向かっていく。

 

しかし、ユーハバッハの剣が

一護の喉元をとらえた。

 

勝負が決した・・・ように思われた。

 

その瞬間、一護は静血装を発動させていた。

 

そこでユーハバッハは言う。

「お前はキルゲの”監獄”に接触したまま

破壊の為極限まで霊圧を放ち続けたのだろう

 

爆発的に解き放たれた霊圧の残滓は

体へ還ると同時に周囲の霊圧を巻き込む

 

そうして

じわじわと魂の深部へと到達したキルゲの

滅却師としての霊圧が

 

お前の霊圧の記憶を

根源から喚び起こしたのだ」

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

このシーンは敵の能力によって閉じ込められた一護が

脱出するためにガンガン技を繰り出した結果、

 

同族の力を自身の中に取り込み、

その力を目覚めさせたってシーンです。

ざっくり言うと。

 

これって本当にその通りなんだなって思います。

 

僕たちは月牙天衝は撃てませんけど、

(当たり前だ)

同じ事ってできると思うんですよね。

 

楽しい、

嬉しい、・・・

といった感情、

 

こういう事がやりたい

 

って思う気持ち。

それってどこから芽生えて来るのか。

 

自分自身の中からですよね。

 

自分の心に聞くしかない、

でも心の声って簡単に聞こえてこないですよね。

 

だから皆、悩むんですよね。

 

 

じゃあ、どうやったら聞こえてくるのか。

普通に毎日を過ごしたら、

神のお告げのようにいつか聞こえてくる、とか。

 

そんなんだったら、たぶん皆聞こえてますよね。

 

普通にしていたら、

辿り着けないのであれば、

何かを変えなくてはいけない。

 

それは自分で辿り着かなければいけない領域だけど、

自分一人では決して辿り着けないんだと思います。

 

色々な人の考え方や想いに触れて、

色々な言葉に耳を傾け、・・・

 

そうやって自分自身の内側にある

力の源泉にどんどんぶち込んでいくんです。

 

するとやがて、

自分の源泉に近いものが

どんどんそれを呼び起こしてくれるのだと思います。

 

きっと大変な作業だと思います(苦笑)

 

見えたと思っても

「あれ?」

って疑問を抱いたり消えたりします(涙)

 

でもそうやって自分の中にある

「ホンモノの輝き」

に辿り着けた時に一気に世界は変わるんだと思います。

 

様々なご縁があって、

道が切り拓かれていく。

 

その過程に、

プラスやマイナスを感じたとしても、

その全てが統合されて、

 

ようやく辿り着けるんです。

 

・・・って書いてたら

なんだかやれそうな気がしてきた(笑)

 

これも皆さんのおかげですね。

エネルギーを送るつもりだったのに、

逆に頂いちゃいました(笑)

 

だから、

このエネルギーをまた循環させられるように

成長していきます。

 

 

とりあえずランニングしながら考えてみようかな(笑)

 

ありがとうございました。