senzaishin’s diary

自分で感じてみる

こんにちは、翼です。

 

 

今日はちょうど車検でした。

特に不良もなく引き続き愛車にはお世話になります。

 

そんな中で保険に関して、

自分でも分かっていない事があり、

母に確認して、結局大丈夫でした(苦笑)

 

自分の事なのに全然分かってないんですよね(汗)

 

 

今の時代は本当に便利になって、

ちょっと手が空いた時に簡単でケータイで

調べる事ができますよね。

 

色々なレビューなんかもあったりして、

参考までに見てみたり、とかやりますよね。

 

そして、自分がいいなって思ってたものが

低評価で散々に言われてるとテンション下がりますよね(汗)

 

商品だけじゃなくて、

働く会社に対する口コミまでも存在しますよね。

 

ちょっと興味があった会社の口コミがあったから、

恐る恐る見てみる。

 

すると、

結構ブラックな感じで書かれているなんて日には

 

「・・・もう少し検討しよう」

って思って、応募するのをやめたりしますよね。

 

 

良くも悪くも今の社会には様々な情報が

溢れかえっています。

 

それに左右されるなって言われても・・・

ってなるくらい僕達の心って簡単に揺らいでしまうんですよね。

 

だから

「全ての物事には良い面も悪い面もある」

って思う事が大切なんじゃないかなって思いました。

 

ついさっき(笑)

(ちょうど調べ事してたら悪い話が多かったんで)

 

全ての人に賞賛されるもの(人)って存在しないですよね。

 

逆に多くの人が批判的だけど、自分にとっては良いものもありますよね。

 

僕も数年前、休日を家で過ごすのに退屈だからと思い、

ゲームを買おうと思いました。

 

当時、人気RPGのシリーズの最新作がちょうど発売され、

「うわぁ~、絶対買おう!」

と思いながら、とりあえずその前のシリーズを買いました。

 

しばらくそのソフトを楽しんでいるうちに、

親切にも(?)僕が買おうとしていたソフトの

レビューが出始めるんです。

 

「どれどれ♪」

 

と思って、某サイトにあったレビューを見てみると、

 

「星少なっ!」

 

すごい評価が低かったんです。

何周年記念の大作という位置づけだったし、

予告動画見たら楽しそうだったのに・・・

 

そんなわけで、その後もしばらく買う気が起きませんでした(笑)

 

月日は流れ、

 

「なんか面白いゲームないかなぁ・・・」

 

って思って何気なくゲームコーナーに立ち寄った時に

例のソフトが異様に安かったんです。

 

「さすが低評価(失礼)。でもここまで下がるもんか?」

 

って思いながらも安かったし、元々欲しかったので、

購入する事にしました。

 

その結果、

 

見事全クリ!

(僕、結構終盤で止めてしまう事が多いんです)

 

ってか、普通に面白いじゃん。

 

世間の評価はすごく低かったけど、

そのおかげで(?)安く買えたし、

値段うんぬん、普通に楽しめたな、

 

って言うのが僕の感想でした。

 

 

つまり、そのゲームを低く評価した人達にとっては

良くないとされた部分も僕にとっては、

何の問題でもなかったんですよね。

 

良い面と悪い面があったとしても、

それがそのまま自分にあてはまるとは限らないし、

別の良い面、悪い面が存在するかもしれない。

 

それこそ、

百聞は一見に如かず

ですよね。

 

実際に自分で手に取ってみる。

 

判断を下すのはそれからでも遅くないんじゃないかな。

 

就職先を選ぶ時も実際に自分でその会社に足を運んでみる。

 

全ての企業でそれが可能なわけじゃないけど、

それが可能なとこはやってみる価値はあります。

 

そこで働く人達がどんな雰囲気なのか、

どんな表情で仕事をしているのか、

 

そういった事は人の話を聞いただけでは分かりません。

 

自分の感覚に従ってリサーチするべきです。

 

だって、働くのは自分だし。

 

ネットの情報だけでは全てが正しいわけでもないし、

ほぼ間違いなく投稿者のフィルターがかかっているので、

あなたも同じように感じるとは限りません。

 

「そういう風に感じるとこもあるのか」

 

くらいに止めて、実際に足を運んでみたり、

事前にできなくても、面接官の人と会えば

なんとなく伝わってくるものがあります。

 

 

それでも、気持ちがぶれぶれの場合は

もしかしたら、

自分のやりたい事から逸れているのかもしれません。

 

そう感じたら焦らず、

もう一度考えてみてもいいんじゃないですか。

 

選ぶのも自分だし、やるのも自分だから、

周りのプレッシャー等に惑わされぬように

判断するべきです。

 

これは就職に限った話ではありませんけどね。

 

自分の心の声を聞くって作業はなかなか

スムーズにいかないので、

途中でやめてしまうかもしれません。

 

でも、それでうまくいっていないなら、

きちんとやるべきだと思います、

たとえ時間がかかっても。

 

それができたら周りの声に踊らされる事ない

自分の軸ができるはずです。

 

自分の軸を見つけて、

楽しい人生を送りましょう。

 

それでは、この辺で。

 

ありがとうございました。